地域包括ケア病床開設いたしました

当院での地域包括ケア病床の役割

 

「地域包括ケア病床」とは、急性期での治療後、病状が安定した患者さまに対して、リハビリや退院支援など、効率的かつ密度の高い医療を提供する「在宅復帰支援の為の病床」です。また、在宅医の依頼を受けて、在宅療養中の患者さまの入院をお受けする病床でもあります。

 

具体的には下記のような患者さまが対象です。

    1.当院にてもう少し経過観察が必要になる方

    2.急性期治療を終え、在宅復帰に向け積極的なリハビリが必要な方

    3.在宅での療養準備が必要な方

    4.短期入院の方

    5.他の医療機関で急性期の治療を終えた方


     ※入院期間は、状態に応じ調整いたしますが、60日を限度としております。

 

上記のような患者さまの為に、当院では「地域包括ケア病床」をご用意し、退院後を見据えた入院治療を提供致します。なお、「地域包括ケア病床」へ転床頂く場合、主治医または看護師から患者さま・ご家族さまにご説明させていただきます。

 

 地域包括ケア病床の入院費について

 

入院料は定額で、投薬、注射、簡単な処置、検査、レントゲン、リハビリテーション等が含まれています。患者さまのご負担となる上限は、一般病床の場合と変わりません。


詳しくは入院担当事務にご相談ください。

 

※その他ご不明なことがありましたら、病院職員にお尋ねください。

Copyright(c) 2013 kouwa-sekiguchi.com All Rights Reserved.