設備

一般撮影装置・X線TV SIMADZU RADspeedpro

CT撮影装置(16列) GE Brivo CT385

画像読取装置 FUJI CAPSULA-2

PACSシステム FUJI SYNAPSE Mini-X

骨密度測定装置 GE PRODIGY  Fuga-C

電子内視鏡システム FUJI  LASEREO

●X線撮影

従来のフィルムの代わりに高感度のイメージングプレートを用い、デジタル化された写真を作ります。

撮影部位に応じた画像処理を行うことで鮮明で見やすい写真を提供できます。

コンピューターによる画像処理により軟部から骨部まで鮮明な画像が得られます。

また今までのX線より少ないX線量で撮影できますのでX線による被曝線量が少なくなります。

●X線CT(16列)

頭部・胸部・腹部など体のあらゆる部位の断層写真を撮影します。

装置内でX線管球が連続的に回転するため短時間で検査が行え、3D画像も作成可能です。

 

●デジタルX線画像診断システム

当院ではX線写真・CT画像をデジタル化し保管する、医療画像ファイリングシステムを構築しました。

撮影後は直ちに画像サーバから各部署に画像が配信され速やかな診察が可能です。

モニターに画像を出力することで、目的部位の拡大、画像の濃淡の調整などが行え、診断効率が格段に向上します。

また、フィルムレス化により、今まで負担していただいたフィルム代が不要になります。

○検査を受けるにあたり不安に思うことなどありましたら、お気軽にスタッフにご相談下さい。

●骨密度測定装置

骨粗鬆症の診断・治療のため、骨折リスクの高い腰椎正面、大腿骨などの検査に対応した装置。

一部位最速30秒、連続測定ワンスキャン機能で5分以内で、痛みもなく患者様の負担を少なく検査が可能。

X線による被ばくも胸部レントゲン撮影の約6分の1という安全性と安心を実現。

 

図1

 

 

 

 

図5      図6          図3        図4

Copyright(c) 2013 kouwa-sekiguchi.com All Rights Reserved.